2012年8月のアーカイブ

挑戦的なやつ  by SHITANO


2012.08.31.JPG


先週末の立ち上げに全国のWHIZディーラーの方に多くの方が足を運んでくれたようでありがとうございました。


僕自身立ち上げの日には必ずLUMP TOKYOの店頭にいるようにしているのですが毎シーズン自分の中でトライして作る新しい形のものや色、ディティールに反応してくれているお客さんを見るととても嬉しく眺めています。


きっと世の中の流行のものとはまた別の要素があると思うし、僕なりのブーム的な物が多く反映するこのブランドでは毎シーズン僕の中で自分に対しての挑戦であるアイテムがあるしお客さんに対しての『これ着こなせる?』っていう挑戦的なアイテムが実は必ず潜んでます。


今回の立ち上げでもいくつかのシーズンの象徴するようなテキスタイルやカラーを難なく自分の色に取り込み試着していくみんなの姿を見て『やるなー』なんてかってに思いながらその行動がまた次のシーズンへのみんなへの挑戦の意欲をかき立ててくれる時間でもあったりします。


まだまだ始まったばかりの今シーズンですが僕の提案するデザインされたリアルクローズがどこまでみんなの心に突き刺さってお互いの洋服偏差値が上がっていくのか結構楽しみだったりしてます。


せっかく自分のブランドを選んでくれるんだからもっともっと洋服の楽しさをみんなと共有していろんなテイストの服を着れるキャパシティーを備えれたら今までの洋服の着方もまた楽しめるんではないでしょうか。


自分自身食わず嫌いをなくして色々トライして自分なりに消化して今のスタイルが出来てきたんでみんなも店頭で試着しまくって気になるアイテムがあったら自分なりのかっこよさを追求してほしいななんて思います。


明日はまたLUMP TOKYOに一日いるのでお時間ある方是非いらしてください。


試着のサポートくらいはしますよー。

puka shell  by YAS


2012083001.jpg

沖縄で買ったプカシェル。


こんなアクセサリーもたまにはいいですね。


最近のお気に入りです。

INFORMATION  by LUMP TOKYO


2012082901.jpg

AW12シーズンより、LUMP TOKYOの営業日は下記に変更となりました。


土曜日〜火曜日 12:00-19:00
水曜日〜金曜日 定休


定休日にご来店をご希望の場合は shop@lump.jp までご連絡下さい。

可能な限り対応させて頂きます。


次の営業日は9/1(土)となります。

皆様のご来店をお待ち致しております。

2012 A/W "LOST"  by WHIZ ONLINESTORE


2012082801.jpg

WHIZ LIMITED. ONLINESTOREにて、2012A/W "LOST"の販売が開始となりました。

WHIZ 秋冬最新コレクションを、是非お楽しみ下さい。

ONLINESTORE. MOBILEはこちらのQRコードから↓

2012082801.gif

GLOBE  by TK


WHIZ 2012 A/W COLLECTION "LOST"が先週末に立ち上がりました。

先週紹介しました”SHORE”テキスタイルと同様に今シーズンの"LOST"を代表する

テキスタイルの一つが”GLOBE”テキスタイル。

こちらは下野さんのブログにあったように近年の気温の変化や気候の変動といった要素から発展し、

砂浜、緑の森といった地球の航空写真をデータ化し本来、兵士の生命を守るために研究され様々な

トライアルやテストを乗り越えて採用される迷彩柄に落とし込むことで地球環境を意識した

非常にメッセージ性の強いデザインとなっています。



”GLOBE”テキスタイル。

2012.8.27.01


砂浜のベージュ、森のグリーンのカラーのコントラストを和らげる為に迷彩柄はスプリンターパターンを

採用し、WHIZの心電図を彷彿とさせるようなエッジの効いた破片パターンやレインドロップと

呼ばれる雨が降ったような細かなパターンを同系色でまとめて中和させています。

素材は今シーズンの特徴でもある薄手のレイヤードスタイルを意識した薄くて柔らかい

ふんわり感のあるガーゼ素材を使用しているのがポイントです。







追記 今回の地味ポイント

GLOBE STOLE

2012.8.27.02


”GLOBE”テキスタイルはガーゼ素材を採用していますがこのGLOBE STOLEのみガーゼよりも薄く、

軽くて透け感のあるボイルガーゼを使用しています。

正直、このストールだけ違う素材で作ることは生産上、非効率的で生産担当としては苦しい

立場なのですがやはりアイテムごとに見合った素材で作りたいという気持ちで

今回はボヤきなしでちょっとだけアピール。

ストールということで肌触りや風合いを意識した素材選びはもちろん、柔軟仕上げを施したシワ加工や

両端の細かいフリンジ、裏面まで染み込んでいるプリントなど地味ポイントが盛り込まれています。