2021年1月のアーカイブ

NEO  by SHINYA


2021013001.jpg


今日から新しいシーズンが始まりました!


whiz leathersでは新しいモノグラム柄のシリーズを製作させて頂いております。


まずは、サコッシュです。


モノグラム柄のPVC生地とヌメ革のパイピングやギザギザの装飾パーツを組み合わせた
上品な雰囲気のアイテムになっております。


そのまま普通にお使い頂いた際の感じはルック画像が上がっておりますので、別の使い方のご紹介を、、


こちらのサコッシュのショルダーストラップは両端がレバースナップになっており取り外しが可能です。


そしてストラップのみをご近所へ外出といったほとんど荷物の必要が無い場合に、
もっとミニマムなアイテムを装着して斜め掛けでお使い頂ける様にデザインされております。


whiz leathersのアイテムの多くにはオリジナルのハートビートトライアングルパーツが付いておりますので、
色々なバリエーションの組み合わせが可能です。


画像では私物のペンケースを装着しておりますが、
イチオシはラウンドファスナーウォレットとの組み合わせですね!


ウォレット、スマホ、アルコールスプレー、バンダナといった必需品を入れて外出し、
一度ご帰宅された後にウォレットだけに付け替えて手ぶらスタイルでご近所に、、、


といった感じでお使い頂けると便利かつスタイリッシュで良い感じだと思います。


是非、ご来店頂いた際には実物をご覧頂き
色々なアイテムとの組み合わせをお試し頂ければ嬉しいです。

NEO  by SHITANO



2021.01.29.jpg


明日から新シーズンが始まります。


春から始まった何ヶ月もの自粛期間中でも洋服を作りたいという欲望が無くなる事はありませんでした。


むしろ外に出れないのに欲望の方が渦巻いていたというべきか、。


まず最初に手をつけたのはゆったりとしたテーラードのセットアップから。


気を使わない生地に僕らしいシルエット。


結果、上ゆったり、下はWHIZ流サルエルで。


そこからストーリーが派生していってお気に入りのメリノウールシリーズが出来上がりバルマカンコート、シャツ、と続々と今の気分の綺麗めなラインナップ。


そして80'sを彷彿させるスポーティーな部分を融合していって今回のコレクションが完成しました。


洋服のデザインと並行して製作していた新たなネームやロゴを組み合わせて心機一転。さらに洋服の細部にまで拘りすぎて生産スタッフは大変なことにw


当然今まで通り全部僕がデザインしているので大きな変化はないのかもしれませんが、時間と手間をかけすぎて新しいものが生まれた事は間違いありません。


長い年月僕をサポートしてくれてる人達にとっても少しの新鮮さはあるんじゃないのかなって思います。


こんな時期なので店頭に行けない方もいると思いますが、商品を手に取ってくれた際には色々見てもらえれば嬉しいです。


また明日から宜しくお願い致します。


東京のみんなはWHIZ TOKYOでお会いましょう。




2021.01.29.01.jpg


明日から先着でWHIZ TOKYO.WHIZ SENDAI.WHIZ FUKUI.WHIZ KYOTO.WHIZLIMITED ONLINE STOREで20000円以上お買い上げの方に新デザインのマスクをお渡しします。

小物好き  by TORIMURA


2021.01.28.1.JPG

2021.01.28.2.JPG


自分は小物結構好きです。
お店にも入れるのも好き。

手軽に買えたりするからとりあえず買う。
でも、失くすかもしれないからと
色違いや複数個買い。
周りの方からも貰っらたりもするから、
少しずつだけどバッチやピンズなどは増えてくる小物たち。


あんまり普段なら着けないけど
久しぶりに着けてみようかと。
テーマはお店で扱っているブランドです
(一部ですけど)

新しいシーズンまであと3日

立ち上げ  by YAS


2021012701.jpg


WHIZ TOKYOもWHIZ ONLINE STOREもLUMP ZOZOも
着々と準備を進めています。


立ち上げまでもう少しお待ちください。

続々と  by SHITANO



2021.01.26.jpg


続々とアップされてるLOOKは見て頂けてますか?


コロナ禍の中家にこもってやっていたことはこのシーズンのデザインでした。


20周年シーズンを終え、気持ち新たに長い時間自分と向き合い出した答えです。


パリに行く事もできなくなり、ただ純粋に東京に住んでいる自分のために作ったと言ってもいいんだと思います。


20年前にブランドを始めてから初めて締め切りという時間に拘束される事なく作りました。


もう二度とこんな時間が来ることはないのかな、。


僕にとって良くも悪くも貴重な時間でした。