Feature

#006

FEATURE006

2014.1.20

FEATURE1.jpg FEATURE2.jpg

WHIZ LIMITEDのブランドコンセプトである"INDIVIDUAL CLOTHING"=『単体で個性のある洋服』という思想は変わらない中で、今季はロックシーンに多大な影響を与えた"Alternative Rock"に着目。"ODELAY"と名付けられたコレクションはそのジャンルが持つ、"参照・回帰・昇華"という旧き良きものを理解したうえで、新たな道筋を生み出す思想を物造りにも反映。そのプロダクト群は加工を施したデニムをメインアイテムの1つとして掲げ、そこにまつわる旧き良き時代のアメリカンカジュアルのテイストを持つバンダナやビーズ、インディゴ染めなどにもフォーカス。各アイテムのディテールにおいてその要素を加えたことでアイテム1つ1つに深みが生まれ、風合い良さを醸し出した。そしてこれだけに終わらず、ラインナップの中にテーラードのセットアップやベーシックで上品さのあるシャツなどを入れ、これらの物を融合したスタイリングを提案することで東京の"今"を表現するストリートとモードの垣根を越えた独自のスタイルを確立させた。また、前季までは東京コレクションのランウェイショーにて披露していたスタイルを一新。シーズンごとに作成していた"WHIZINE"を進化させ紙による表現を特化させた。その仕上がりはただのブランドカタログで終わらないクオリティとなっている。シーズンのキーとなるものだけにアイテムと合わせて注目してほしい。

This season, Hiroaki Shitano focuses on Alternative Rock, A theme which has a big effect on rock itself. Although WHIZ LIMITED's brand concept INDIVIDUAL CLOTHING hasn't changed. Understanding the reference/ regression/ sublimation cycle that the genre has, the collection ODELAY reflects an ideology which introduces new route of production. Hold up distressed denim as one of the main items, and focus on bandana, beads, and indigo dye, which suggest a classic American taste. As a result, each item uses the elements in their details, enabling depth and great texture. The collection does not stop there. Also suits, basic and elegant shirts are in the lineup. The proposal of this styling has fused the lineup into one, Hiroaki Shitano establishes an original style that jumps the fence of street and mode, and expresses Tokyo now. In addition, he won't participate in Tokyo collection runway show. He chose to specialize in a printed paper expression, through the WHIZINE lookbook that he published each season. This season's WHIZINE is not an ordinary fashion brand catalog. It's a key point of the season. WHIZINE reflects the ideology. So please don't forget to check it, too.