W.C.H SHIRTSは70年代アメリカのガソリンスタンドのユニフォーム(*1)をモチーフにしたワッペンシャツ。

当時のユニフォームの素材といえば綿とポリエステルの混紡生地が一般的ですがW.C.H SHIRTSは綿100%。

しかも当時には存在しない高密度の現代的な綺麗めのストライプ地を採用しています。

そういったイメージの破壊が下野さんのブログにもあったようにWhiz独特の世界を表現していると思います。

シルエットは現代の着こなしに違和感なく溶け込むようにリサイズしてあるので着用時の美しさは

いつものWhiz同様の仕上がりになっています。

2010.5.31.01.JPG

WORKING CLASS HEROのワッペンはヴィンテージの色使いや質感を意識して再現してみました。(*2)

もちろん星の刺繍の先端のとがり具合などは当時のものよりも美しく繊細にアップデートしています。

2010.5.31.02.JPG

ヴィンテージのワークシャツに多く見られるサイド部分のマチの仕様や今期の定番となった

太ステッチによる巻き縫い縫製のパッカリングなど細部にいたるまで丁寧に作り込んでいます。

2010.5.31.03.JPG


当時のスタンドに納品されたシャツがそうだったようにW.C.H SHIRTSをベースにワッペンや

バッチなどをお好みで付けたりして自分だけの1枚にするのを楽しんでみるのも面白いと思います。




*1 ガソリンスタンドのユニフォームのイメージ

2010.5.31.04.jpg

*2 ヴィンテージワッペンのイメージ

2010.5.31.05.jpg