アメリカの大学やロードサイドカルチャーなど、古き良きアメリカを代表するアイテムでもある

スウェットパンツをモチーフにしたEASE 8/S PANTS

所謂、カレッジ風のプリントなどはなくし、サイズ感もルーズになりがちなアメリカンサイズではなく、

程よいリラックス感やユルい気分は残しつつ、パンツの丈やシルエット、ディテールにこだわっています。
2010.6.28.01.JPG

ベルト部分はリブゴムではなく通常のベルト仕様でベルトループ付き。フロント部分もファスナー付きに

することでパンツ本来の機能を持たせています。さらにベルト部分には内側に固い芯を入れることにより

柔らかく伸び縮みしやすいスウェット生地の弱点を克服し、強度のあるタフな作りを実現しています。
2010.6.28.02.JPG

ポケットもサイドに2箇所、バックに2箇所とすべてファスナー付きのポケットが完備されています。

古着のスウェットパンツなどではお尻のポケットがないものが多いですが、財布をバックポケットに

入れるという実用性を考えてもちろんバックポケットを採用しています。
2010.6.28.03.JPG

脇にはベンチレーション機能を備えてあるのでスポーツシーンはもちろん、ベンチレーション

ファスナーを開けることでタウンとしてもアクセントになるデザインに仕上がっています。

素材は通気性の高いメッシュ地にドライ機能をプラスして快適な穿き心地を与えてくれます。
2010.6.28.04.JPG

パンツ裏側のフロント部分のみ、穿き込むことでできる膝のアタリの軽減や着脱時の滑りを良くする

効果を出すために裏地を付けています。裏地の素材は制電糸(*1)を使用した機能素材になっています。

制電糸を使用しているので着脱時の不快なパチパチ放電を抑えます。吸水性にも優れ、

さらに吸水した水分は素早く外部に発散するので絶えず爽やかな状態を保ってくれます。

2010.6.28.05.JPG


このように一見するとベーシックなアイテムに見えながら、穿いた時のことを考えた細かいこだわりが

随所にあったりします。ベルトの固さだったり裏地の滑らかさなど実際に手に取って触ってみないと

分らないことが多いのでやはり商品はできるだけ店頭でのチェックをオススメします。


*1   糸の芯部に特殊な制電成分を配置し、制電性能を備えている糸