2011年4月のアーカイブ

初日  by YAS


"WHIZ LIMITED/A.W.A 2011 AUTUMN/WINTER EXHIBITION"

昨日から4日間のBUYER'S DAYが始まりました。


初日から多くのDEALERの皆様に足を運んで頂きました。

遠方からのご来場、本当にありがとうございました。


そして夜は、"MIRACLE"八木橋さん、"FELLOWS"日村さん・三浦さん、"RAINDROPS"山田さん、

"COMPASS"放崎くんと新宿『太樹苑』で焼肉!

2011042601.jpg

みなさん楽しい時間をありがとうございました!

これからも宜しくお願い致します。


今日からも引き続きBUYER'S DAYとなっております。

全国のDEALERの皆様のご来場を、心よりお待ち致しております。

LAX  by TK


LAX BORDER以前のブログで紹介した下野さんのカットソーのこだわりキーワードの一つ起毛感が特徴です。

柔らかく甘く編んだ素材感がとても肌触り良い風合いになっています。

そしてこの生地の特徴を最大限に引き出すために製品洗いをかける事でクタっとした風合いと

起毛感がWhizらしい仕上がりになっているアイテムです。


2011.04.25.01.JPG


脇部分の切り替えが特徴的なデザインになっています。

脇下には菊穴を空けることで通気性の確保とデザイン性を両立させています。

2011.04.25.02.JPG


LAX BORDERと同様のカッティングが施されているTRANS CHECK SHIRTSYOUTH S/S

2011.04.25.03.jpg

Whizのアイテムの特徴の一つとしてシーズンの中で何アイテムかに共通して落とし込まれている

デザインがあること。シーズンのメインテキスタイルなどのように一目で分るものとは異なり

ディテールの仕様でシーズン性を表現しているものだったりします。

このように細かいディテール目線でのシーズンの楽しみ方もアリだと思います。






追記 今回の地味ポイント


型紙

2011.04.25.04.JPG


1つのアイテムを作るのに生地や付属などと同じく必ず必要なものがパターンと呼ばれる型紙です。

デザインごとに作成された型紙をもとに生地の裁断を始め縫製をする時に必要な情報が記入されています。

型紙の良し悪しで縫製段階での効率や仕上がりはもちろん着用時の着心地などにも影響を及ぼす大事なもの。

そして上記で紹介したディテールの共通デザインだとサンプルを作る時に同時に数型のアイテムを

進行するため一番最初に出来上がってきたアイテムからディテールの変更があったりするとその後に

出来上がってくるサンプルにも同じ修正が型紙に入ることから下野さんと僕の間では『共通修正』と

呼んでいる型紙の修正が入ることもしばしばあったりして、、、

それと商品としては同デザインに見えるLAX BORDERとYOUTH S/SですがLAX BORDERは

製品洗いがあるため縮み分を考慮した縮率を入れた出来上がりサイズより大きく作成した型紙を使用していて

YOUTH S/Sは洗いなしの型紙を使用しているので同じ型紙ではありません。

型紙にも共通デザインや製品洗いの有無によるWhizらしさが生産を簡単にはいかせてくれません、、、

SCHMIDT  by TOMO



今週末入荷してきたROAM SCHMIDT PANTS


僕一押しの今期最初のショートパンツです。


z-style761.jpg


z-style757.jpg


そしてこれからショートパンツのリリースラッシュが続きます。


ALOHAにBURST、TRANS、LEOPA、、、お見逃しのないように!




先週末より開始されているwhiz & A.W.A 2011 AUTUMN&WINTER EXHIBITION。


22.23日のPRESS & FRIENDS DAYはたくさんの関係者様、ご友人の方にご来場頂きありがとうございました。


そして明日よりBUYERS DAYとなります。


全国のWHIZ/A.W.Aディーラーの皆様、お待ちしております。

WL CONCHE BELT #10  by SHINYA


この『WL CONCHE BELT』は、BEG・BRN・BLKの3色展開なのですが、BRN・BLKは

手染めで染色しています。

この染色の作業と、その後のラッカーによる防染の作業は、こぼしたりして店内や商品を汚してしまう恐れが

あるので、なるべくLUMP TOKYOの工房では作業しないようにしています。

なので写真がありません。


2011042301.jpg

染色、防染が終わったら、アンティックと呼ばれるペースト染料を歯ブラシですり込み、乾く前に

ウェスなどで拭き取ります。


2011042302.jpg

最後にコート剤を塗って、余分なアンティックを拭き取るとともに、全体をコートして終了です。

凹部にアンティックが入ることにより、図案がより一層引き立って見えるようになります。


2011042303.jpg
2011042304.jpg

ベルト部分の最終工程の色入れですが、アクリル系の塗料をただただ集中して2〜3回塗り重ねます。


2011042305.jpg

目と肩にかなりつらい工程ですが、やっとここまで出来ました。

来週までには、コンチョとバックルを付けて仕上げたいと思います。

TTOW通信  by SHITANO

2011 07 02 sat 76SUMMIT開催決定。


マッテルゼ!