2019083101.jpg


エルクショルダーバッグの製作が続いているのですが、肝心の鹿革がちょっと在庫切れしていて、、、


革は1枚1枚状態が違うので、最初にまとめて仕入れるのではなく使うたびに革屋の在庫の中から良いモノを
選ぶようにしているので、たまにこういう間が空くことがあります。


という事でこの時間を利用して、ファスナー交換でお預かりしていたウォレットの修理をやってました。


やろうと思えばここまでバラさなくても出来るのですが、仕上がりを考えて
結構バラして作業をするようにしています。


手縫いで製作しているので、ステッチのほつれは一切無い状態をバラすのはちょっともったいないのですが、、


ただ、修理は新品を製作するのとはまた違って勉強になる事も多いので作業は大変ですが良い経験だと思いながら
やらせていただいています。