2020080101.jpg


個人的に好きなバスケット柄のスタンピングの作業中の画像です。


作業工程はシンプルなのですが柄がうねる事なく綺麗に打つには革の裏の繊維の詰まり具合や方向、
革を湿らす際の水分量など色々な部分に気を使わないとなりません。


もちろんスタンピングの時に正確に打つ事は大事なんですが全体的に強い力で打刻するので
上記の革の状態に気をつけてないと革が伸びて柄が歪みます。


かなりの数をこなしてきたのである程度柄をそろえつつ効率良く打てるようにはなったのですが、
さらに一段上というかもっとビッとしたレベルになかなかいけません、、、。


ひたすら練習あるのみだと思いますのであと何百枚か打てばもう少し上手くなれるのかなと思います。