2020101701.jpg


以前ご説明いたしましたような状況ですので、
またまた個人的なお話しですいません。


ただ、お客様の中にもきっとブーツ愛好家の方が
いらっしゃると思うので少しだけでもお役に立てばと思います。


エンジニアブーツのリペアですが革靴用のパテを使用して穴を埋めてから、
ペーパーで表面を均して次にこちらも新たに購入した革靴用の補修カラーを塗っていきます。


もしこの作業が仕事なら、納得いくまで練習、試作を繰り返してから本番に取り掛かりますが、、、
なんせ、趣味としてやってる事なんでいきなり本番いきました!


結果は画像の通りで調色をして色合わせをして塗るとの事でしたが絵心はないし、
しかも初めてなんで上手くいくはずもなく、、


ただ、パテを使用した部分は厚く塗ってあるので
これからペーパーで均して塗ってを繰り返して仕上げていきたいと思います。


正直、僕が革工芸の手法として学んだやり方と使いなれた材料や染料でやれば
全然違う感じになったでしょう。


でも、あくまでも自分のブーツですし楽しみながら作業して新しい材料や方法にチャレンジしたい
というのが一番の目的ですから、失敗を恐れずガンガンやってます。笑


さて、最終的にどこまで良い感じの仕上がりに持っていけるのか、、
僕も楽しみですし、ブログをご覧の方々にも楽しんで頂けると幸いです。