2020112101.jpg


本日は素敵なアイテムの発売で色々な場所で盛り上がっている事と思いますが密にはお気をつけ下さい。


さて、何回かご紹介しておりました私物のエンジニアブーツの修理と全体のメンテナンスが完了したのでご紹介を、、、


仕上がりは若干パテと穴の跡がわかる感じですが、実際に履いている分には目立たなくなったと思います。
楽しく作業させていただきました。笑


メンテナンスに普段仕事で使っているオイルを使用した以外は画像にある靴用のリペア、メンテナンス用品のみで作業しております。


感想としては趣味としてやった事もあり僕はぶっつけ本番でチャレンジしましたが、
練習を積んでというか穴埋め用のパテを使いこなせたらかなりコスパの良い商品です。


このパテの仕上げが難しくて、これ以上ペーパーで跡を消そうとするとパテ全体がめくれてしまい、、、
この辺りを攻略出来ればバッチリですね。


さて、この先一軍入りする際は更にソール交換とスチール抜きをするので、
年代とが品番とかあまり気にせず手元にない種類で安いヤツをベースとして購入するのを基本としています。


で、後からこのモデルの状態の良いモノの相場を調べたら靴のリペア用品代を足してもかなり安く購入出来てました。笑


そう考えるとますます自分でリペアもアリかと思います。


とりあえずこのまま履いてみて修理箇所の強度や変化を見てみたいと思います。


ただですね、一応追記したいのですが趣味として上記の条件では楽しかったですが
革製品製作という仕事に携わる自分として見ると感想は違ってきます。


次回、修理の機会があれば仕事として捉えて今までの経験、知識を生かして
様々な材料、やり方を駆使してガチでチャレンジしてみようと思います。