ここ1ヶ月程は、ずっとコインケースの製作をしていました。

今回よりコインケースの製作過程をご紹介したいと思います。


2010112701.JPG

このようなパーツを組んでいきます。ちなみにこの前に模様のスタンピング作業、オイル・コート剤を塗る

工程がありますが、こちらは以前、"WL BRAND BELT"の時にBLOGにてご紹介した作業とほぼ同一となります。


2010112702.JPG

ポケット用のパーツは、先に「ネジ念」という道具で『飾り念』を入れて、コバを磨いておきます。


2010112703.JPG

「ネジ念」とは縫い線などを引くための道具で、パーツの縁に沿って細い線を引くことを『飾り念』といい、

ヘリを押さえ形を整えるのと、飾り線の役割を果たします。


2010112704.JPG
2010112705.JPG

ここからは手縫いを行なうための準備工程に入っていきます。

まずはパーツを接着剤で接着します。この際に使用する接着剤は水性系のモノで、塗り過ぎはコバの仕上げに

影響が出るので、量に注意しながら作業します。

また、接着前に接着部分の銀面(革の表面)をヤスリで荒らし、起毛させることによって、より強い接着が

出来るよう下準備をします。


次回はWhiz Leathersの特長の一つでもある『手縫い』について書きたいと思います。